紫外線を浴びると疲れる原因と対策にはどんな方法があるのでしょうか?

また紫外線を浴びると頭痛がしてしまう場合の原因と対策方法についても確認していきましょう!

紫外線で疲れる頭痛がする

日差しの強い日に外に長時間いると、「疲労を感じて疲れる!」「頭痛を起こす!」ということってありませんか?

しかし、

  • 外にいるから疲れているだけ
  • ただの偏頭痛
だと勘違いをしてる人も多いと思います。

実は、疲れや頭痛の原因は紫外線を浴びたことによっておこっているのかもしれませんよ。

ここでは紫外線を浴びると疲れや頭痛が起こる原因とその対処方法について見ていきたいと思います。

目次

  • 紫外線を浴びると疲れる原因と対策方法とは?
  • 紫外線を浴びると頭痛が起こる原因と対処法とは?
  • まとめ

●関連記事
→「紫外線対策グッズおすすめ9選!」の記事へ

スポンサーリンク

紫外線を浴びると疲れる原因と対策方法とは?

晴れた日に長時間外に出ていると、疲れることってありませんか?

これ、もしかしたらただ外出しているから疲れているのではなく、紫外線のせいかもしれませんよ。

ではなぜ紫外線が疲れの原因となるのでしょうか?

紫外線による活性酸素の発生が疲れる原因に!

人は紫外線を浴びると、身体が紫外線から身を守るために「活性酸素」というものを発生させます。

この活性酸素は、お肌を守る一方、自分自身の細胞をも傷つけてしまうのです。

そうすると、お肌に疲労物質がたまり、それが身体の疲れとなっていくのです。

紫外線から体を守る対策をする!

では、紫外線対策をしっかりしているのに疲れるという人はなぜなのでしょうか?

それは、紫外線はお肌からだけではなく、目からも身体に侵入してくるからなんです。

目はさすがに日焼け止めクリームなどで対策をすることはできませんよね。

目から紫外線が入ってきても、お肌から侵入してきたときと同じようい疲労物質がたまってしまい、結局は疲れの元となってしまうのです。

ではこの場合はどうしたらいいのでしょうか?

まず大切なのは、紫外線からしっかりと体を守ることが大切ですよね。

  • 日焼け止めクリーム
  • 帽子
  • 日傘
  • アームカバー
  • サングラス
などでしっかりと日差し対策をしましょう。

目を守るために大切なのがサングラスです。

ただ、普通のサングラスではなく、しっかりとUVカット効果のあるサングラスがおすすめです。

身体から紫外線が入ってくるのを防ぐだけで、疲労感を抑えることが出来るのです。

スポンサーリンク

紫外線を浴びると頭痛が起こる原因と対処法とは?

紫外線を浴びると、頭痛を起こすこともあります。

しかし、ほとんどの人は偏頭痛や疲れなどと勘違いして、紫外線が原因だとは気づかないものなのです。

では、なぜ紫外線を浴びると頭痛を起こしてしまうのでしょうか?

日射病が原因

まず一番考えられるのが日射病です。

紫外線が多く出ているという事はそれだけ日差しを強く浴びているという事になりますよね。

その時に、長時間首や頭が直射日光に当たっていると、頭痛や吐き気、めまいなどを起こしやすくなります。

偏頭痛が原因

そして、実は偏頭痛が原因だという事も考えられます。

この原因は、紫外線が原因で起こる疲れや、光の刺激だと考えられています。

紫外線や光が原因で血管が広がり、神経を刺激して偏頭痛を起こしてしまうというのです。

さらに、紫外線アレルギーの人は、紫外線を浴びることで皮膚に影響が出るとともに頭痛などの体調不良を起こす人がいます。

では、紫外線を浴びることで頭痛を起こしてしまう場合にはどうしたらいいのでしょうか?

室内で安静にして対処する!

この場合には、まずは無理をしないことです。

頭痛を感じたら、なるべく無理をせずに家などで静かに休むようにすることが大切です。

外出先の場合には室内に入るなどして身体を休めましょう。

日射病が疑われる場合には、日差しを遮るために帽子をかぶったり、こまめに水分補給をすることが大切です。

もちろん、紫外線が主な原因と考えられるので、しっかりと日焼け止めや紫外線対策グッズなどを活用するようにしましょう。

●関連記事
→「紫外線対策グッズおすすめ9選!」の記事へ

まとめ

紫外線を長時間浴びることで、皮膚だけではなく体調不良を起こすこともあります。

そうならないためには、日差しの強い日や時間帯は外出を避けたり、どうしても外出する場合には紫外線対策をしっかりとしていくことが大切です。

そして外出先で体調不良を起こした場合には、無理をせずに室内で身体を休ませるなどして無理をしないようにしましょう。

スポンサーリンク