汗染み(あせじみ)は自宅でも洗うことができるのか、漂白剤や重曹を使用したり洗濯機で落とすことができるのでしょうか?

それとも、汗ジミはクリーニングに出して落とすしかないのでしょうか?

汗染み(あせじみ)自宅

汗染みができた洗濯物、普段の普段の洗濯ではなかなか落ちにくいですよね。

そんな時、どうしていますか?

今回は、汗染みがついてしまった洗濯物の洗い方についてご紹介します。

目次

  • 汗染み(あせじみ)は自宅で洗うことができる?
  • 汗染み(あせじみ)はクリーニングに出した方がいい?
  • まとめ
スポンサーリンク

汗染み(あせじみ)は自宅で洗うことができる?

汗染みが付いた洗濯物は自宅でもきれいに洗うことができるのでしょうか?

汗染みが付いた洗濯物は、そう簡単に落とすことができないですよね。

だからと言って、シミが付いたまま着るわけにはいきませんよね。

では、汗染みが付いた衣類は諦めますか?

長く着続けたものならともかく、お気に入りの服ならやはりきちんと汗染みを落としてもう一度気持ちよく着たいものです。

では、どうしたらいいのでしょうか?

汗ジミを自宅で落とすには洗濯用漂白剤や重曹を使う!

汗染みが付いた洗濯物は、確かに普通の洗濯で落とすことは難しいですよね。

しかし、実は正しいやり方をすればきちんと汗染みの付いた洗濯物の汚れを落とすことができるのです。

衣類についた汗染みを何とかしたいなら、やはり専門であるクリーニング店にお願いしたいと思うもの。

確かにクリーニングでも汗染みを綺麗に落としてくれるでしょう。

でもその代わりクリーニングにお願いをすればどうしても費用がかかってしまいます。

しかも汗染み汚れは場合によっては特殊な汚れとなり、追加料金がかかってしまう事も。

元々高くない衣類であれば、クリーニングに出すよりも新しいものを買った方が安かったなんて言う事もあるのではないでしょうか?

そう考えると、汗染みをクリーニングに出して落とすよりも、できれば自宅で洗って落としたいもの。

自宅で汗染みを落とすには、

  • 洗濯用漂白剤
  • 重曹
を使用することである程度落とすことができます。

もちろんすべての汗染みを完全に綺麗に落とすことは難しいかもしれません。

でも、お金がかかることを考えるなら、まずは一度自宅で汗染みを落としてみませんか?


スポンサーリンク

汗染み(あせじみ)はクリーニングに出した方がいい?

洗濯で落ちない汗染みはクリーニングに出した方がいいのでしょうか?

汗染みが気になる洗濯物、どれもクリーニングに出していませんか?

汗染みは通常のドライクリーニングでは落ちない!

汗染みは通常のドライクリーニングでは落ちないのです。

ドライクリーニングというのは、水を使わずに石油系などの溶剤を使用して洗うもの。

油なので、同じ油である皮脂汚れなどはしっかりと落とすことができます。

しかし、汗染みというのは水溶性です

その為、ドライクリーニングではある程度落ちるかもしれませんが、クリーニングに出したから汗染みも落ちるという考え方は間違っているのです。

では汗染みはクリーニングでは落とせないのかというと、そういう訳ではありません。

汗ジミはウェットクリーニングで落とすのがおすすめ!

汗ジミはウェットクリーニングで落とすのがおすすめです。

クリーニングにはドライクリーニングの他に、追加料金を払って「ウェットクリーニング」というものをお願いすることができます。

このウェットクリーニングなら水を使用することで水溶性である汗を落とすことができるのです。

ただ、中には特殊な汗汚れもあり、このウェットクリーニングでも落とすことができない汚れもあります。

その場合には、クリーニング屋さんに相談して、汗汚れを落としてもらえるコースをお願いしましょう。

まとめ

汗染みは、通常の洗濯では落とすことができません。

しかし、やり方を変えれば自宅でも汗染みをある程度落とすことはできます。

逆にクリーニングに出したからと言って汗染みが必ず落ちるわけではなく、汗染みを落とすには汗抜きなどの方法を選んだり、汚れによっては特殊なコースを選ぶ必要があります。

汗染みの汚れは、その度合いや衣類の種類によって自分で落とすかクリーニングにお願いするかを考えることをお勧めします。

ただやみくもにクリーニングにお願いしても費用だけが掛かってしまうので、上手に自宅とクリーニングを使い分けて汗抜きを行うのが一番賢い方法ですよ。

スポンサーリンク