セラミックファンヒーターの電気代は高いのでしょうか安いのでしょうか。

また、セラミックファンヒーターの口コミにある暖め効果の評判は実際どうなのか?

セラミックファンヒーターの寿命はどのくらいなのか確認していきましょう!

セラミックファンヒーターの電気代

寒くなると必要になってくる暖房器具。

しかし、暖房器具と一言に言ってもいろいろな種類がありますよね。

その中でも、セラミックファンヒーターは、

  • 比較的安価で売られている
  • スイッチ一つで部屋を暖めてくれる
暖房器具ですよね。

しかし、やはりいざ購入するとなると電気代や使い勝手、そしてどのくらい使い続けることが出来るのかなど気になるのではないでしょうか?

今回は、セラミックファンヒーターの電気代や寿命、そして実際に使用した人の口コミをご紹介します。

目次

  • セラミックファンヒーターの電気代はどれくらいかかる?
  • セラミックファンヒーターの口コミの評判は実際どう?
  • セラミックファンヒーターの寿命はどのくらい?
  • まとめ

●関連

⇒最新の「セラミックヒーター」人気ランキングはこちらです

スポンサーリンク

セラミックファンヒーターの電気代はどれくらいかかる?

暖房器具を使用するとなると一番気になるのが「電気代」なのではないでしょうか?

冬に向けてだんだんと寒くなり、暖房器具を使い始めると一気にひと月分の電気代が跳ね上がるなんて言うのは当たり前になってきましたよね。

では、セラミックファンヒーターの電気代はどのくらいなのでしょうか?

セラミックファンヒーターの電気代は暖房器具の中で高い部類に入る!

実は、セラミックファンヒーターの電気代は、暖房器具の中でも結構かかるのです。

例えば、一時間セラミックファンヒーターを使用した場合、電気代は

  • 弱で16円程度
  • 強の場合は30円程度
もかかるのです。

セラミックファンヒーターは一か所を温めるのに効果的な暖房器具!

セラミックファンヒーターは一日4時間ほどしか使用しなくても、1日の電気代は強の場合で120円。

一カ月に換算するとなんと3600円にもなってしまうのです。

セラミックファンヒーターの電気代はエアコンを使用した時とさほど変わらないんです。

しかも、セラミックファンヒーターはエアコン程部屋全体を温める力はなく、一か所を温めるのに長けている暖房器具です。

そう考えると、セラミックファンヒーターだけで部屋を暖めるのは電気代的には効率はあまりよくないといえるのです。


スポンサーリンク

セラミックファンヒーターの口コミの評判は?暖め効果は実際どう?

セラミックファンヒーターを実際に使っている人の口コミの評判をいくつか紹介したいと思います。

セラミックファンヒーターを脱衣場で使っています。

部屋を暖めるのはあまり向いていませんが、2畳ほどの脱衣場を温めるにはぴったりで、5分くらいで十分に温めてくれます。

時間も短時間しか使用していないので、電気代も気になりません。

セラミックファンヒーターを子供の勉強の際に使用しています。

寒くなるとどうしても足元が冷たくなるので、子供が勉強しているときに足元を中心に使用しています。

もちろんピンポイントで使用しているので弱モードでも十分に温まると言っていました。

灯油を使用せずにスイッチ一つで温めてくれるのがとても手軽で助かっています。

部屋を暖めるのは難しいと思っていたのですが、加湿器と併用すると8畳くらいの部屋がしっかりと温まってくれました。

コンパクトで移動が楽なので使いたいところで使えるのが便利です。

しかし、やはり部屋全体を温めるには時間もかかりますし、電気代も気になりますね。

セラミックファンヒーターは一応部屋全体を温めることもできますが、使用している人の口コミを見ると、ピンポイントに使用していたり、脱衣場などで一時的に使用している人が多いようですね。

セラミックファンヒーターの寿命はどのくらい?

セラミックファンヒーターは、本体自体の値段が比較的安価というのもメリットの一つですよね。

しかし、一度購入したらどのくらい使用し続けられるのかというのは気になるところです。

では、セラミックファンヒーターの寿命はどのくらいなのでしょうか?

セラミックファンヒーターの寿命は、メーカーや品物にもよりますが、5年を目安に点検するようにしているところが多いようです。

しかし、実際に使用している人の口コミを見てみると、10年以上使用している人や、20年というツワモノもいるようですよ。

セラミックファンヒーターの寿命は、メーカーや使用方法によっても随分違ってきます。

まとめ

セラミックファンヒーターは、手軽に部屋などを暖めてくれるし、値段もお安いものが多いので購入しやすいですよね。

しかし、電気代が他の暖房器具と比べるとかかるので、比較してから買うのも一つの方法です。

もしも購入する場合は、あまり長時間使わず、脱衣場などの狭い範囲を一時的に温めるのに一番向いていそうです。

スポンサーリンク