電気ストーブとエアコンとファンヒーターを比較してみました。

電気ストーブとエアコンとファンヒーターの電気代や暖房効果の違い、それぞれの暖房器具の特徴をチェックしていきましょう!

電気ストーブの比較

暖房器具と一言に言っても、いろいろな種類がありますよね。

その中でも多くの人が実際に使用しているものといえば、電気ストーブ・エアコン・ファンヒーターではないでしょうか?

ただ、この3つを保有していても、それぞれの電気代や暖房効果などを詳しく知らずに使っているという人も多いかと思います。

今回は、この3つの暖房器具をいろいろと比較してみたいと思います。

目次

  • 電気ストーブの暖房効果の特徴と電気代について
  • エアコンの暖房効果の特徴と電気代について
  • ファンヒーターの暖房効果の特徴と電気代について
  • まとめ

●関連

⇒最新の「電気ストーブ」人気ランキングはこちら

⇒最新の「エアコン」人気ランキングはこちら

⇒最新の「石油ファンヒーター」人気ランキングはこちら

スポンサーリンク

電気ストーブとエアコンとファンヒーターを比較!電気代や暖房効果の特徴は?

電気ストーブ・エアコン・ファンヒーターを比較していきたいと思います。

電気ストーブの暖房効果の特徴と電気代について

まずは電気ストーブの暖房効果の特徴や電気代についてみていきましょう。

電気ストーブの暖房効果の特徴とは?

電気ストーブの一番の特徴は、スイッチ一つですぐに温かくなるという事ではないでしょうか?

これは、寒い外から帰ってきたときにすぐに手足を温めたいというときに便利ですよね。

さらに、値段も安価で持ち運びもできるので、手軽に使用することができます。

例えば、

  • キッチンにいるときに一時的に足元を温めたい
  • 脱衣所で脱ぎ気をするときだけ温めたい
  • 子供が受験勉強をするときなど足元だけ温めたい

というように、ピンポイントで暖めるのにたけています。

ただ、最近では同じ電気ストーブでも、セラミックファンヒーターのように、ある程度の広さの部屋なら暖めることが出来るものも販売されています。

これも、値段的には安価なので、購入しやすいかと思います。

電気ストーブの電気代は高い?安い?

電気ストーブの特徴の一つといえば、電気代です。

電気ストーブは、スイッチ一つですぐに温めてくれるという一方、他の暖房器具と比べると電気代がかかるというデメリットもあります。

電気ストーブのの電気代は、強モードにすればエアコンの最大出力時と同じくらいとなるのです。

その為、あくまで一時的に一か所をすぐに温めたいというときに電気ストーブは便利だということが言えます。


スポンサーリンク

エアコンの暖房効果の特徴と電気代について

次に、エアコンの暖房効果の特徴や電気代についてみていきましょう。

エアコンの暖房効果の特徴とは?

部屋全体を温めるのであれば、やっぱり欠かせないのがエアコンですよね。

温度設定やタイマーはもちろんですが、最近のものは様々な機能がついていてうれしいですよね。

例えば、広い部屋にあるエアコンでもピンポイントに温めたい場合にはセンサーで人がいるところだけを温めるなど、本当に多機能です。

エアコンの電気代は商品によって大きな違いがある!

エアコンの中にはエコに長けているものも多く、電気代をなるべく安くするための機能がついているものも少なくありません。

エアコンというと、こまめにつけたり消したりするよりも、つけっぱなしの方が電気代が安いという話を聞きますよね。

確かにエアコンをつけると設定温度まで室温が到達するまでが一番電気代がかかります。

そして、ちょっと外出というときに電源を切ってしまい、戻ってきてまたつけるとなるとさらに設定温度まで到達させるまでに電気代がかかってしまうのです。

そう考えると、エアコンをつけっぱなしにしていた方が常に部屋は暖かく、それでいて電気代はそう高くはなりません。

ちなみにエアコンの電気代は商品や温度設定によって違いが大きいので、購入する際には電気代を確認して購入するのも一つの目安になりますよ。

ファンヒーターの暖房効果の特徴と電気代について

ファンヒーターの暖房効果の特徴や電気代についてみていきましょう。

ファンヒーターの暖房効果の特徴とは?

ファンヒーターというと、やはり石油ファンヒーターが一般的なのではないでしょうか?

そしてファンヒーターのメリットは、

  • 広い部屋でも暖かくすることができる
  • 持ち運びが出来て様々な部屋で使用することができる
という事です。

しかし、逆にデメリットもあります。

それは、まずは石油を燃料としているので、

  • 臭いが気になる
ことがあります。

さらに、使用するときには電源はもちろんですが、

  • 臭電気代のほかに石油を購入してその都度入れなければいけない
というのもデメリットです。

そして、石油を燃やすので、どうしても

  • 空気が乾燥する
  • 酸素不足になる
ので換気が必要となります。

石油ファンヒーターの電気代は高い?安い?

さらに気になるのが石油ファンヒーターの電気代です。

確かに石油ファンヒーターは電気代自体は他の暖房器具と比べると低くなります。

しかし、石油を購入して入れなくてはいけないので、その分を考えると費用がかかってしまいます。

●関連

⇒最新の「電気ストーブ」人気ランキングはこちら

⇒最新の「エアコン」人気ランキングはこちら

⇒最新の「石油ファンヒーター」人気ランキングはこちら

まとめ

電気ストーブ・エアコン・ファンヒーターにはそれぞれ特徴があり、電気代も変わってきます。

そう考えると暖房器具は、部屋や用途によってそれぞれ使い分けるというのが一番賢い使い方ではないかと思います。

電気ストーブ・エアコン・ファンヒーターには、どれもメリットがあり、逆にデメリットもあります。

これらを上手に使い分けて、寒い冬を温かく乗り越えましょう。

スポンサーリンク