パネルヒーターの電気代はいくらくらいかかるのでしょうか。

また、どのような使い方をするとパネルヒーターの電気代が節約できるのでしょうか。

実際にパネルヒーターを使用している人の口コミの評判もあわせて確認していきましょう。

パネルヒーターの電気代

パネルヒーターは

  • 空気を乾燥させずに部屋を暖めてくれる
  • 直接触っても熱くないので安全
などという事で注目を集めている暖房器具です。

しかし、パネルヒーターはよいと聞くけれどよくわからないという人も多いかと思います。

ここではパネルヒーターにかかる電気代や使い方、そして実際にパネルヒーターを使った人の口コミをご紹介します。

目次

  • パネルヒーターの電気代はどれくらいかかる?
  • パネルヒーターの使い方!電気代を節約できる方法はある?
  • パネルヒーターの口コミ!実際に使用している人の評判はどう?
  • まとめ

●関連
⇒最新の「パネルヒーター」の人気ランキングはこちら

スポンサーリンク

パネルヒーターの電気代はどれくらいかかる?

パネルヒーターなど電化製品を購入するときに気になるものの一つが「電気代」ですよね。

同じ電化製品でも、

  • 本体値段が安くて節電があまりできないもの
  • 逆に本体値段は高くても電気代が節約できるもの
と2つに分かれるものが多く販売されています。

では、パネルヒーターの電気代はどうなのでしょうか?

パネルヒーターの電気代が他の暖房器具と比較すると高めです!

パネルヒーターが1時間でかかる電気代は、600Whで15円、1000Whで26円程です。

この金額、高いと思いますか?

それとも安いと思いますか?

ではパネルヒーターを他の暖房器具の電気代と比較してみましょう。

  • 電気ストーブ・25円
  • エアコン10円
  • こたつ2円
となります。

こう比べると、パネルヒーターの電気代が他の電化製品と比べると高めだということがわかるかと思います。


スポンサーリンク

パネルヒーターの使い方!電気代を節約できる方法はある?

パネルヒーターの使い方を見ていきたいと思います。

パネルヒーターというのは

  • すぐに温まる
  • 火を使わずに安全
というメリットもありますが、逆に電気代がかかるというデメリットがあります。

では、そんなパネルヒーターを上手に使いこなすにはどのような使い方をしたらいいのでしょうか?

パネルヒーターの設定温度のポイント!

暖房器具は当たり前ですが設定温度を高くすれば高くするほど電気代がかかるものです。

その為、なるべく設定温度を低く設定するようにすることをおすすめします。

さらに、パネルヒーターはどちらかというと部屋全体を温めるというよりもピンポイントで温めるのが得意なものです。

できれば使うときには使う人の近くにおくと効果的に温めてくれます。

パネルヒーターを置く場所のポイント!

パネルヒーターで部屋全体を温めたいという場合は、冷たい空気をシャットアウトするという意味でも、窓際など冷える部分におくと効率が良くなります。

同じパネルヒーターでも使い方ひとつで随分と電気代は変わってくるものですよ。

パネルヒーターの口コミ!実際に使用している人の評判はどう?

これからパネルヒーターを購入しようとしている人にとって、実際に使用している人の口コミはとても参考になりますよね。

そこでここでは実際にパネルヒーターを使用している人の口コミをいくつか紹介していきます。

エアコンを使用していると、どうしても空気が乾燥して喉が痛くなるのが気になっていました。

しかし、パネルヒーターを使用し始めてから、以前よりも喉が気にならなくなりましたし、十分に部屋を暖めてくれます。

すぐに温まるし、移動が簡単なので、毎朝着換えをするときに近くに置いています。

薄型なので、置くところにも困りません。

小さな子がいるので、電気ストーブは危険だと思いパネルヒーターを購入しました。

安全なのはもちろんですが、空気が乾燥しにくいので子供も風邪をひきにくいと思います。

灯油ストーブは灯油を入れたり買いに行かなくてはいけないのでとても面倒でした。

しかし、パネルヒーターは電気なので、今までの手間がなくなり本当に助かっています。

すぐに温まるし、ピンポイントで温めるだけではなく部屋全体もしっかりと温めてくれるのが気に入っています。

ただ、やはり電気代は気になりますね。

パネルヒーターを使い始めて、

  • 移動が簡単
  • 安全に使える
  • 空気が乾燥しない
というだけではなく、

今まで灯油ストーブを使用していた人は

  • 灯油の購入のわずらわしさがなくなってよかった!
という意見も多くありました。

ただ、やはり他の暖房器具と比べると電気代が掛かるのが気になるところのようです。

●関連
⇒最新の「パネルヒーター」の人気ランキングはこちらです

まとめ

パネルヒーターは、電気代はかかってしまいますが使い方次第では十分に節約することもできます。

さらに、他の電解製品では気になる「乾燥・やけど」などの心配がないというのもうれしいですよね。

特にお子さんや高齢者の方が家庭にいる人は、やけどや風邪が気になるため、パネルヒーターを選ぶ人が増えているようです。

もしもパネルヒーターを購入するときには、ぜひ自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク