紫外線アレルギーの症状は顔や目にどう出るのでしょうか?

また紫外線アレルギーの治療にはどのような方法があるのか確認をしていきましょう!

紫外線アレルギーの症状

紫外線アレルギーというものは、紫外線を浴びることで特定の症状が出やすくなる病気です。

人によってアレルギー症状が出る場所は違いますし、いま紫外線アレルギーになっていなくても、油断は禁物です。

紫外線アレルギーは誰もがある日突然なりうるものなのです!

では、紫外線アレルギーは場所によってどのような症状が出るのか、そしてその治療方法を見ていきたいと思います。

目次

  • 紫外線アレルギーの症状は顔にどう出るの?
  • 紫外線アレルギーの症状は目にどう出る?
  • 紫外線アレルギーの治療方法にはどのようなものがあるの?
  • まとめ

●関連記事
→「紫外線対策グッズおすすめ9選!」の記事へ

スポンサーリンク

紫外線アレルギーの症状は顔にどう出るの?

まずは、顔に出る紫外線アレルギーの症状を見ていきたいと思います。

紫外線アレルギーは、なぜか顔にだけ症状が出てしまうことがあります。

その為、アレルギーが出ていても、「新しい化粧品が合わなかったかな?」などと勘違いしてしまい、紫外線アレルギーと気づかない人も多いのです。

では顔にはどのような紫外線アレルギーが出るのでしょうか?

顔の場合に起こる症状は、

  • 発疹
  • かゆみ
  • 赤くなる
という症状が主なものになります。

顔の紫外線アレルギーの原因は化粧品が原因の可能性あり!

顔の場合の紫外線アレルギーの原因として考えられるのが、実は良かれと思って使っている紫外線吸収剤が含まれたUVカット化粧品や、そのほかの化粧品の成分が原因で起こることもあります。

その為、もし顔に紫外線アレルギーが表れた時には、まず顔に使用している化粧品などを変えてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーの症状は目にどう出る?

紫外線アレルギーは、実は目にも表れることがあるのです。

では目の場合、どのような症状が出るのでしょうか?

目の場合には、まず

  • 目のかゆみ
  • 充血
  • 涙が出る
  • 目が痛い
  • 目が染みる
などの症状が現れる人が多いようです。

目の紫外線アレルギーは花粉症が原因と勘違いする人が多い!

目の症状の場合、はっきり言って紫外線アレルギーが原因と気づかない人が多いのです。

人によっては「花粉症かな?」と勘違いする人もいるのだとか。

もしも、日差しが強くなってくる夏が近づいてきたときに、このような症状が現れる場合には、自分で判断することは難しいと思いますので、きちんと病院で見てもらう事をお勧めします。

そのままにしておくと、重大な病気に発展する可能性もあるので注意が必要です。

紫外線アレルギーの治療方法にはどのようなものがあるの?

紫外線アレルギーというものは、いつだれがかかってもおかしくない病気です。

しかも、一度かかってしまうと治すのは難しいというのも紫外線アレルギーの特徴です。

ではもしも紫外線アレルギーになってしまったらどのような治療方法があるのでしょうか?

肌には塗り薬、目には目薬が処方される!

まず、紫外線アレルギーと一言に言っても色々な場所に症状が現れるので、場所によって治療方法が変わってきます。

お肌に症状が現れる場合には、塗り薬が処方されることがほとんどのようです。

目の場合には、専用の目薬が処方されます。

市販薬でも紫外線アレルギー対策として使用できるものもありますが、安易に使用すると症状を悪化させることもあるので注意が必要です。

●関連記事
→「紫外線対策グッズおすすめ9選!」の記事へ

まとめ

紫外線アレルギーというものは、人によって症状が違います。

腕や足、そして顔など紫外線を受けたところに直接症状が出ることもありますし、頭痛など体調不良に陥ることもあります。

特に女性なら厄介なのは顔に症状が出た場合ですよね。

顔の場合は、使用している化粧品などが原因の場合が多いので、見直すことをお勧めします。

そして目に異常を感じる場合には、速やかに眼科を受診することをお勧めします。

紫外線アレルギーはいつ誰に起こり得るかわからないものです。

さらに、他の病気と勘違いしてしまうことも少なくないようです。

もしも紫外線が多くなってきた時にこれらの症状が出てきた場合には、紫外線アレルギーを疑ってみましょう。

スポンサーリンク